平成25年11月 悠久の大義

  • 投稿日:2012年 11月 1日

若葉が美しく、

風薫る、爽やかな季節になりましたが、皆様方におかれましては、益々、ご健勝のこととお慶び申し上げます。


母の日を先日迎え、

3月の末に、母を亡くした私には、母の日のプレゼントをする相手が無くなった寂しさを、感じる1日でありました。
離別から2カ月程が過ぎましたが、母親の有難さを、常々感じる事が、たくさん有ります。
人は、母親の背景や教え、生き方等、多くの物を潜在的に又、顕在的に引き継ぎ、強く影響を受けている様に思います。
私の、人間形成の基礎になっている様にも思うのです。
仕事に対しても、私は他人によく「仕事をするとは人間としての使命である」と話しをさせていただくのですが、幼少の頃より「仕事をしない人間は、生きる価値がない」と繰り返し聞かされたのを思い出します。
商売人の子供として育った、私の仕事に対する想い・情熱・姿勢というものは、振り返ってみれば、幼少の頃から父母の背中を見て『仕事とは』ということを教えられたおかげで出来上ったのだと思いますし、今日の自分が有るのだと思います。 又、神仏に対しての畏敬の念についても、厳しく教えられました。
日本人の信仰は、唯一神ではなく、八百万の神々に対する、神観の中、『人は見てなくても神様は見ておられる、悪い事はしてはいけない、ばちが当たる』『神仏には手を合わせなさい』等、良く言われたものです。又、人に対しては『人には何事においても良くしてあげなさい』『嘘をついてはいけない』『親切にしてあげなさい』等、『人として徳を積む生き方をしなさいよ』と、そして、信義ある生き方を学んだ様に思います。
私が「武士道」や「論語」について興味を持ち学ぶ様になった根本的な要素は、母の教えが有ったからではなかろうか...と思っています。
人並みではありますが、生前もっと親孝行が出来ていたらと...母に感謝。
sengikouri.jpg
↑サン・リフォームの経営理念『先義後利』





来店予約
外壁塗装キャンペーン
給湯器キャンペーン
山口県 リフォーム サンリフォーム まずはこちらからご覧ください 選ばれる理由