平成23年8月 悠久の大義

  • 投稿日:2011年 8月 1日

残暑厳しい折ですが、

皆様方におかれましては、お元気にお過ごしのことと存じます。

8月といえば、

お盆が有り、原爆の日が有り、終戦の日が有りと、ご先祖や故人を偲び過去を振り返ったり、
歴史の1ページを紐解く時期なのではないでしょうか。
バブルが崩壊し、リーマンショックで経済が沈下し人口も減少の一途をたどり、
日本の勢いは影を潜め、自殺者数も増加し続け、社会悪が後を絶たない近年ではありますが、
書店では最近、本物の近代史を伝える書籍が増え、
特に太平洋戦争前後の正しい歴史が記された書籍が多く見受けられる様になったと思います。
それは日本人の覚醒が始まったのではないでしょうか。
3・11以降加速度的になっているのは間違いないことです。
大震災でどん底の中、日本人のDNAの中に潜在された『武士道精神』が顕在化され、
「個より公、損得より善悪、競争より和」を重んじる日本人の精神性に
目醒めの萌芽が始まったものと思います。
そして、今の日本のモラル、政治、経済の失速、崩壊の元凶が
GHQの「罪意識扶植計画」(日本人の言論統制を行ない歴史を歪め
日本人の心に戦争の罪意識を植え付けようとしたもの)により
歪められた昭和史の教育で自虐史観が国民に刷り込まれ、
又、GHQによって作成された日本国憲法が制定され、GHQの主導の下教育基本法が制定されたりと
アメリカの『日本人骨抜き作戦』によるものであり、今日の日本においてもその影響は進行形なのです。
特に教育界に今なお機能しており、GHQが種をまき、日教組が大きく育てた「国家自己崩壊システム」は
歴史的事実を変えてしまいました。本当に嘆かわしい歴史です。

戦後66年が過ぎ、

戦後最大の困難に遭遇した我々は、正しい昭和史を学び、
GHQの策略により植え付けられた罪悪感を払拭し、国家に対する誇りを取り戻し、
戦勝国の復讐劇にすぎない東京裁判を断固否定することだと思います。
東京裁判に正当性が無いという事はA級戦犯者などは存在せず、靖国問題など存在しないということです。
そして日本人による日本人のための憲法を作りあげることが
これからの日本において最も大切なことだと思います。
私は日本人は世界において最も崇高な文明を築いてきた国民だと思っています。
良き時代の日本を訪れたサンフランシスコ・ザビエルとアインシュタインは次の様に語っています。
「この国の人々は発見された国の中で最高であり、日本人より優れた人々は、
異教徒の国では見つからないでしょう。彼らは親しみやすく、善良で悪意がありません。
驚くほど名誉心の強い人々で、何よりも名誉を重んじます。
大部分の人は貧しいのですが武士と共に不名誉とは思いません。(フランシスコ・ザビエル)」
「近代日本の発達ほど世界を驚かしたものはない。
その驚異的発展には他の国と違ったなにものかがなくてはならない。
果たせるかなこの国の歴史がそれである。
この長い歴史を通じて一系の天皇を戴いて来たという国体を持っていることが、
それこそ今日の日本をあらしめたのである。
私はいつもこの広い世界のどこかに、1ヶ所ぐらいはこのように尊い国がなくてはならないと考えてきた。
なぜならば、世界は進むだけ進んでその間幾度も戦争を繰り返してきたが、
最後には闘争に疲れる時が来るだろう。
このとき人類は必ず真の平和を求めて世界の盟主を挙げなければならない時が来るに違いない。
この世界の盟主こそは武力や金の力ではなく、
あらゆる国の歴史を超越した、世界で最も古くかつ尊い家柄でなくてはならない。
世界の文化はアジアに始まってアジアに帰る。それはアジアの高峰日本に立ち戻らねばならない。
我々は神に感謝する。神が我々人類に日本という国を作って置いてくれたことである。(アインシュタイン)」
もう一度日本人の誇りを取り戻し利他の心を持ち、人情や測隠に溢れ倫理道徳観の高い、
美しい国家『日本』を築き上げていきたいと思います。
そして悠久の平和を世界に発信出来る国に成れる様切望します。
まだまだ暑い日が続くと思います。ご自愛ください。

yasukuni001.jpg yasukuni002.jpg
  ↑靖国神社   ↑荘厳な印象の門



平成23年6月 悠久の大義

  • 投稿日:2011年 6月19日

紫陽花の花が、

さみだれに濡れ、とても美しいこの頃、
皆様方におかれましては、益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

先日開催いたしました、

「ショールームオープン3周年祭」には、大雨の中にも関わらず多数ご来店頂き誠に有難うございました。
又、同時開催いたしました「第2弾震災義援チャリティー屋台」にも多数参加していただき、
合計152,834円の義援金をいただき、皆様方の熱い思いを感じることが出来ました。
本当に有難うございました。

日々、震災の

ニュースを見るにあたり、遅々として進まない復旧復興活動に
苛立たしさ、腹立たしさ、又、最近では怒りさえこみ上げてきます。
私は今まで商いでのスタンスの中、又、自分の人生の中で政治や政府に過度の期待をしたわけでもなく、
どちらかというと、色々、問題はあるんだろうけど戦後の日本を飢える人間が
皆無なまでの豊かな国へ築き上げれたという実話の中、『まあまあ』という思いでいました。
けれど今回の政府、特に菅総理の対応はどう考えても常軌を逸していると思う。
日本がそして日本人が世界の笑い者になっている。
彼らには日々メディアで伝えられる、被災地の人々の声、日本国民の声が届かないのだろうか。
総理においては、リーダーシップが無く、決断力が無く、仲間を裏切り
権力の座にしがみつき、詭弁を繰り返す、なんと情けない生き方だろうか。
国難の折り、日本が一体となり、国民が過去への反省と、新しい、美しい日本の形成の為に、
正しい生き方を模索している今、なんと無様なことか、
日本には武士道という精神が有り、一言でいうと『恥の文化』である。
彼らはいつまで生き恥をさらすつもりなのだろうか。

日本人の特性のひとつに

困難な情況の時、一般大衆は下位概念から上位概念に
そしてリーダーは上位概念から下位概念に向かうと言われています。
それはこの様な国難な時、一般国民は、自分より家族、家族より会社、会社より地域、
地域より県、県より国、というように、個より公を思う意識が強くなり利他の為に生きようとするのです。
逆に政治家などリーダーなるものが
公より自分や自分の所属する党、自分の選挙区など意識がどんどん下位概念に向かうのです。
まさに今、顕著に表れています。嘆かわしいことです。

戦後の復興は

日本人の勤勉性と忠誠心によって成し得たものだと思います。
敗戦後の復興に尽力した吉田茂は、「日本人には何の資源もない、この国がここまで来れたのはなぜか。
ただ一つの資源があったからだ。日本人の勤勉性という資源だ。」
と語ったという。
国難の今、我々は、この二つの美質をもう一度見直し、行動し、我々一人一人の小さな力が、
50年後、100年後に『あの震災以来、国民の意識が変わり、すばらしい国になった。誇りある日本が築けた』と言ってもらえる様な生き様を残したいと強く心に思います。




平成23年5月 悠久の大義

  • 投稿日:2011年 5月22日

被災地を訪れて、

4月30日に出発して、車中2泊、現地2泊で
宮城県女川地区に、社員8名で炊き出しに行ってまいりました。
冷凍車トラックを含む計3台に分乗し、
やきそば1500人前、やき鳥500本、
果子乃季さんのどらやき1200個、
チョコレート菓子1500人分、
岩国の地酒「五橋」「黒松」を一升パックで80パック等々、
トラックに詰め込んで現地に向かいました。

30日の、

15時30分に出発し、
初日の炊き出し場所である女川総合体育館に到着したのが
5月1日の朝8時30分、ほとんど休息なしで17時間の道のりでした。
到着して直ぐに焼きはじめた焼きそばが
初日の1000人分すべて出来上がったのが16時位でした。
女川総合体育館は女川地区の支援本部が
設置されている場所なので自衛隊がお風呂の設営をしており
他の避難所の方々も多く来られていました。
又、日曜日でしたので芸人のボランティアの方も来られていて、子供達を励ましていました。
2日目は、炊き出しで女川第3小学校、女川ボランティアセンター、
海泉閣と3ヶ所廻り、お菓子、どら焼きの配給で
もう2ヶ所の避難所を廻り、計5か所の避難所を廻りました。
onagawa04.jpg onagawa05.jpg

現地を見て、テレビで見るのとは大きな違いでした。

言葉では言い表せない、想像を絶する様な悲惨さ、ひどさ、無惨さ、恐怖とういうか、
この世のものとは思えない情景には絶句してしまいました。

避難所の現状はと申しますと、電気、水等のライフラインはほとんどの地域で回復していました。
わずか1カ月半の間によくここまで回復にこぎつけたのも
多くの方々の不眠不休のご苦労があったからだと思うと、心が熱くなりました。
又、物資において、水、ラーメン、服、お菓子等、最低限必要な物や長期保存出来る物は、
十分に行き届いておりました。
しかし主食の食糧においては未だ十分ではなく、朝・昼でパン1個の配給であったり、
2日目の夕方炊き出しをした所では我々のやきそば、やき鳥以外はおにぎり1個という状態でした。
温かいごはんが食べたいだろう、おいしい魚も、肉も食べたいだろうと思うと心が苦しくなる思いでした。
集団生活の中、プライバシーも無く、本当に苦しい環境の中、
家が流され、家族、知人の死を目の当たりにし、本当に心痛の中であろうに、
明るく元気に明日を生きよう、もう一度この町を復興させよう、
この子供達の為にもがんばるんだとういう様な強くたくましいエネルギーを感じることが出来、
逆に私達が元気をもらった様でした。
あの究極の状況の中でも『礼節高く』『調和を保ち』
日本人の特質である『相手を思んばかる精神』『利他の精神』の中でお互いが協調し、
感謝の念を忘れず至誠の心でこの仲間を、この町を、この地域をみんなの力で復活さすんだという
高い志を持ちうる日本人に、私は『日本人の誇り』を、心で、肌で感じたことはありません。
私は日本は変わると思いました。
戦後の焼け野原から復興し、勤勉、勤労な日本人であるが故に、
高度成長を成し遂げ経済大国となったが
今や、一時の勢いもなく、国家の負債が千兆円にも上ろうとし、
心の痛みを持つ人々が増え、悲惨な事件が後を絶たない今の日本は
必ず変わるし、必ず変わらなければならないと強く思いました。
私達は被災された方々の死や苦労を無駄にすることなく国民全員が一体となり
この困難を乗り越え、絆の深い美しい日本を築き上げねばならないと強く思った。
最後に、炊き出しの準備をしてくれた女性社員、
ゴールデンウィークにも関わらず行動を共にしてくれた弊社社員を誇りに思うと共に感謝したい。
onagawa006.jpg onagawa009.jpg




前の記事 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15
岩国店ショールームオープン
住宅ストック循環支援事業 窓の交換や天井・壁等の断熱改修、高効率給湯器の設置などのエコリフォーム、さらにそれらと同時に行うバリアフリー改修や耐震改修のリフォーム費用が補助されます。※エコリフォーム工事後の住宅が新耐震基準に適合する等の条件がありますので、詳しくはご来店またはお電話にてお問い合せください。
来店予約
外壁塗装キャンペーン
給湯器キャンペーン
山口県 リフォーム サンリフォーム まずはこちらからご覧ください 選ばれる理由