平成23年2月 悠久の大義

  • 投稿日:2011年 2月 1日

薫る候、

皆様方におかれましては、益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。


先日、開催させていただきました、

【新春リフォーム祭】には、多数の一期一会クラブ会員様のご来店を賜り誠にありがとうございました。
楽しんでいただけましたでしょうか?
今回は、初めて『マグロの解体ショー』を開催させていただきましたが、多数のお客様からお喜びの声を聞かせていただきました。
来年はもっと大きなマグロをご用意したいと思っておりますのでご期待ください。
又、1月8日・9日の2日間に光スポーツ公園にて開催されました周南地区U‐11少年サッカー大会「第2回サン・リフォーム杯」も無事開催することが出来ました。
ご支援、ご協力頂きましたご父兄、関係者の皆様、誠にありがとうございました。
2月19日にはサン・リフォーム杯争奪「久保ミニバス15周年記念交歓会」、3月12日はキリンビバレッジ周南総合スポーツセンターサブアリーナにて、周南近郊小学生バレーボール大会「第2回サン・リフォームカップ」を開催させていただく予定ですので、子供達の一生懸命のプレーを是非応援しに来てください。

タイガーマスク運動、

皆様もご存知の様に、昨年の暮れから続いている、善意の寄付行為ですが昨今の暗い心痛いニュースの多い中、本当に久方ぶりに、心温まる、目頭が熱くなる美談に私は心から感動しました。
日本もまだまだすてたもんじゃないですね。
名を名乗らず、人に知られず善行を行う、陰徳の美学を大切にする日本人らしい行為だと思います。
すばらしいことですね。
この運動は時代の背景も後押しをしていると思います。
戦後教育において、「公」より「個」に走った日本、民主主義のルールも知らないまま個人の自由、個の尊厳が一方的に強調され、民主主義と相まって金儲け主義が日本人に「己中心」という人生観、価値観を生み出し、今の野放図な社会を作り出した。
そして、資本主義が行き詰まり、暮らしが良くならなく先行きの見えない今、戦後60年以上、「個」に振れていた振り子が「公」の為に働く「公」に尽くすという人間本来の方向に少しずつでも向かっている様にも思います。
我々が忘れかけていた相互扶助の精神の芽生えではないでしょうか。
この様なタイガーマスク運動に始まった共助の精神を大切にし一過性なものにならぬ様、もっと何らかの形で発展性の有る取り組みになれる様、応援していきたいと思います。
24yukyu002.jpg taiger01.jpg
イメージ(児童使用のランドセル)
タイガーマスク運動
とは、2010年12月25日の児童相談所にランドセル10個が
「伊達直人」の名前で届けられた事例以降、日本各地で確認
されている連鎖的な寄付行為の通称である。
「タイガーマスク現象」ともいう。
一連の寄付行為はいずれも匿名で、
寄付先の多くは児童福祉関連施設となっている。(2011年1月19日現在)
伊達直人 / タイガーマスク
幼いころに中学生3人をやっつけた素質を見込まれてスカウトされ、悪役レスラーの養成機関である「虎の穴」に入るため外国に渡る。
過酷な特訓に耐えてプロレスラー「タイガーマスク」となると帰国し、自分が育った孤児院「ちびっこハウス」を度々訪れては援助の手を差し伸べる。
自分がタイガーマスクであることを隠すためにわざと軽薄に振る舞い、子供たちからは"キザ兄ちゃん"と呼ばれている。
子供をかばって事故死する際にも覆面を川に投げ込み、最後まで自分がタイガーマスクであることを明かさなかった。




平成23年1月 悠久の大義

  • 投稿日:2011年 1月10日

新年明けましておめでとうございます。

旧年中は大変ご愛顧いただき誠に有難うございました。
本年も変わらぬご厚誼の程、お願い申し上げます。お正月はゆっくりと過ごすことが出来ましたでしょうか。
慌ただしい師走が過ぎ、1年で最大のイベント事のお正月が過ぎ少しお疲れの方もおられるのではないでしょうか。
『1年の計は元旦にあり』という言葉があるように、1年のスタートの月の1月は、今年の新たなる目標や志を立て自分自身を見つめ直すのに絶好の機会の様に思います。


『この非常時の今、日本人として思うこと』として、

私の愛読書の月刊誌「致知」に二宮金次郎の記事が有り私の卒業した小学校にも薪を背負って読書する二宮金次郎の像が有ったのを思い出し、彼の伝記(「二宮金次郎の一生」三戸岡道夫著)を読んでみました。
とてもすばらしい生き様に大変感銘致しました。
戦後60年の我が国の足跡は、経済一辺倒、経済至上主義で道徳あるいは教育をあまりにも無視しその為に失われた日本人の美質や道徳、仁徳の精神においてたくさんのメッセージが込められている様に思います。
二宮金次郎が説き広めた『報徳思想』は、道徳と経済の融合、一致を訴え、私利私欲の為の商いではなく、社会に貢献する為の商いでなくてはならないと説いています。
又、彼は、至誠というものを大切にし、至誠が実践の第一をなし、こころが至誠の状態の下での、『勤労』『分度』『推譲』という三大徳目を説いています。
 「勤労」・・・よく働くこと。
 「分度」・・・身分相応に暮らす。
 「推譲」・・・慈悲の心。利他の精神をもって世の為人の為自己を捧げる心と行為。
金次郎はこの徳目のとおり生涯を農村に推譲し、資金もすべて報徳金として蓄積され、農村復興資金に投入され私有財産は全く残さなかったのです。
幼少の頃より艱難辛苦、逆境の連続であり、普通あれだけ辛い目に遭うと世の中を恨んだり両親を恨み心がすさんでいくでしょうが金次郎は、その苦労、試練こそが人間を磨き、成長させ、人間を作り上げると説いています。
又、金次郎の有名な言葉に「積小為大」があります。
こつこつやり遂げることがやがて大きなものとなり成果を出すという意味です。
彼は「積小為大」を説きそれを生涯実行し続けたところが偉大なのだと思います。
金次郎の教えは、今の二十一世紀に住む私達に大きな感銘と道しるべを指してくれていると思います。
もし機会がございましたらご一読されてはいかがでしょうか。感謝。
23yukyu001.jpg 23yukyu002.jpg
二宮金次郎像
昭和の時代、この二宮金次郎の像はどの小学校にも見られました。
そしてその意味も子供達は教えられ...今は...今の子ども達は、
この像の事知っているのでしょうか
二宮 尊徳像(にのみや そんとく)
日本の江戸時代後期に「報徳思想」を唱えて、
「報徳仕法」と呼ばれる農村復興政策を指導した農政家・思想家。
通称は金次郎。(正しい表記は「金治郎」)
諱の「尊徳」は正確には「たかのり」と訓む。



平成22年9月 悠久の大義

  • 投稿日:2010年 9月 4日

秋とは申しながらも、

残暑厳しい日が続いておりますが、
皆様方におかれましては、益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

私は

寒い冬は苦手で、日和が続き真青の空が見える夏は大好きな季節なのですが、
今年の連日連夜の暑さは、少し疲れました。
この季節、夏の疲れが出る頃でもありますので、どうぞご自愛下さい。

先日、

さだまさしさんのコンサートに行ってまいりました。
コンサートを見に行ったのは、中学校の時、
石野真子さんのコンサートに行った以来で、大変感動しました。
3時間のコンサートだったのですが、トークも大変上手で笑いあり、涙ありで
美しい歌声は、心に響くものでした。
さすが一流ですね。

今まで、

セミナーや講演会等で私がお会いした、一流と言われる人達は、
将棋の羽生名人、相撲の大鵬親方、柔道の山下監督、
経済界では、牛尾電機の牛尾会長、
SBIホールディングスの北尾CEO等が
おられますが、どなたもお会いした時のオーラというか、エネルギー、
と申しますか本人から発せられている強い波動の様なものを感じます。
やはり一流と呼ばれる人は、
他人に感動や勇気を与える事が出来る人を言うのではないでしょうか。
彼らの言葉で異口同音としておっしゃられるのは、各々自分には、仕事を通じて、
人々を喜ばし、感動を与え、幸せにする使命が有るということです。
一流と呼ばれる人と出会う事、
一流と呼ばれる人の伝記や生き様を書いた本を読む事等は、
人間を成長させる近道ではなかろうかと思います。

私も、たくさんの出会いとたくさんの感動をすることで日々成長し、
皆様のお役に立てる人間に成れる様、日々、自己研鑚して参りたいと思います。





前の記事 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16
岩国店ショールームオープン
岩国店ショールームオープン
住宅ストック循環支援事業 窓の交換や天井・壁等の断熱改修、高効率給湯器の設置などのエコリフォーム、さらにそれらと同時に行うバリアフリー改修や耐震改修のリフォーム費用が補助されます。※エコリフォーム工事後の住宅が新耐震基準に適合する等の条件がありますので、詳しくはご来店またはお電話にてお問い合せください。
来店予約
外壁塗装キャンペーン
給湯器キャンペーン
山口県 リフォーム サンリフォーム まずはこちらからご覧ください 選ばれる理由