平成26年6月 悠久の大義

  • 投稿日:2014年 6月 1日

さみだれの風情に

もはや秋、
からりと晴れた夏空が待たれる今日この頃ですが
皆様方におかれましては、
健やかにお過ごしのことと思います。


先日、

開催させていただきました『ショールームオープン6周年祭』には
多数の「一期一会クラブ会員」の皆様のご来店を賜り誠にありがとうございました。
イベントの際、ご縁のある方々とお会いでき、お話しをさせていただきお言葉をいただけることは
私達の励みとなり幸せの一時でもあります。
ご支持、ご支援いただいているお客様の為にも、
今後益々精進し、愛され、喜ばれる企業を目指して参りたいと思います。

↑恒例企画「チャリティー大ビンゴ大会」の様子

「GNN」

私が大学を卒業してすぐくらいの時のセミナーで聞いた言葉でした。
GNN=義理・人情・浪花節のことです。
今から20年位前の話ですが、日本がバブル景気にまさに入ろうとしている時期で
大変景気の良い時代でした。
そして講師の先生は、
『この様に景気に浮かれた時代だからこそ、GNN、義理・人情・浪花節を大切にしなくてはならない』
というお話しでした。
それ以来、私の生き方のそして経営信条の中の一つの大きな柱となっています。
忘れられつつ又失われつつある日本人の大切な感性であり道なのではないでしょうか。
グローバルという名の下、又、戦後のアメリカ型民主主義の下、
日本人が失いつつある大切な心であるのは間違いないと思っています。
どの様な時代になっても義理を欠くことなく、義理を立て、人情に厚く生きていきたいと切に思います。

【一期一会】いちごいちえ...山上宗二やまのうえのそうじ
「一期一会」=現代語訳...一生に一度の出会いを大切にせよ。
『上司から部下へ、親から子へ語り継ぎたい東洋の名言88』より

●解説●...ハイブロー武蔵
『大切な出会い』
山上宗二は利休の弟子にあたる。
したがって、この一期一会という言葉は、本来、茶道の心得として使われた。
つまり茶の席に出るものは、その機会は一生に一度のことと覚悟して、
主人も客も誠を尽くすことが大切なのだということである。
茶道における緊張と真剣さを求めているのだ。
現代では、この意味がさらに一般化されて、人と出会いの大切さを示す言葉として使われる。
つまり、この人と会うのは一生で一度かもしれないではないか。
だから、真剣に誠を尽くして接するのだ、という意味である。
たしかに人の一生は人との出会いである。だからその出会いを大切にすることはいい。
また、本との出会いもそうだ。私は、人生は人との出会い、本との出会いで決まるとも考えているくらいだ。
しかし、では、どんな人とも付き合うのかというと、それは違う。
付き合える人というのは、そんなにいないのである。
信頼できる友、親友と言われるような人は一人でもいれば大したものである。
3人とか5人とかになれば、この上のない幸せであろう。
作家山口瞳は言った。
「金をつくるより友人をつくれ。5年間に5人の友人ができたらしめたものである。
10年間に10人の友人を得たら天下無敵である」と。
これも理想的な数字であろう。
一度限りの人生においては、よい友人、よい仲間を一人ずつ、大事に大事に育てていくことが
何より求められることである。




平成26年4月 悠久の大義

  • 投稿日:2014年 4月10日

第5回サン・リフォームカップ終了後、大会参加チームの子どもたちからうれしい便りが届きました!!

サン・リフォームカップを初めて開催した第1回大会から、
毎年欠かさず、大会終了後に子どもたちのメッセージが
書いてある色紙を贈ってくれています。
大会開催中子供たちの頑張りを見てもそうですが、
この色紙を見ても『来年も子供たちのために大会を開催しよう!』
と思います。
こちらこそ大会に参加していただくだけで感謝なのです。
来年、また大会を開催します。
その時に、頑張る姿を見せてくださいね。ありがとうございました。 


これからも続けます!ありがとう!


「来年頑張ります」という今年出場しなかった下級生の子供からのメッセージ...。
来年も応援します!頑張ってくださいね。




平成26年2月 悠久の大義

  • 投稿日:2014年 2月 1日

暦の上に

春は立ちながら、厳しい寒さが続いております。
皆様方におかれましては
益々ご健勝のこととお慶び申しあげます。

先日開催させていただきました

新春リフォーム祭には、過去最多の、990組のご来場を賜り、ありがとうございました。
2日間で焼きそば800人前、とん汁800人前をご用意させていただいておりましたが、
各日とも早々に売り切れ、多額の義援金を募ることが出来、2日間で合計191865円となりました。
ありがとうございました。心より感謝致します。
皆様方の温かいお気持ちが必ずや被災された方々の心に届くものと思います。

安倍政権

安倍首相の行動力、胆力、そして、国家百年の計の礎を築かんとする、
首相の志は本当にすばらしいと思っています。
戦後復興期の吉田総理、高度成長期の岸、池田、佐藤、田中総理など
国を憂ひ、大いなる国家観を持ち、真のリーダーシップを発揮した偉大な先達が多くいた日本。
しかし残念かなその後は、どうであったかと思う位、大衆に迎合し、
その場しのぎの、又、パフォーマンスの総理であった様に思います。

この1年2ヶ月、金融緩和、大胆な公共投資、
そして、成長路線へという3本の矢のアベノミクスも好調に推移し、オリンピックも決定し、
特定機密保護法の制定など安倍色も徐々に出て来た様に思います。
又、昨年暮れの靖国参拝、私は2014年への決意の表れだと思っています。

第1次安倍内閣の所信表明で安倍総理は、最後に国民に次の様に語りかけて演説を終えています。
『私たちの国、日本は、世界に誇りうる美しい自然に恵まれ、長い歴史、文化、伝統を持つ国です。
その静かな誇りを胸に、今、新たな国創りに向けて、歩み出す時がやってきました。
かつて、アインシュタインは、訪日した際、
「日本人が本来もっていた、個人に必要な謙虚さと質素さ、日本人の純粋で静かな心、
それらの全てを純粋に保って、忘れずにいてほしい」と述べています。
21世紀の日本を、アインシュタインが賞賛した日本人の美徳を保ちながら、
魅力あふれる、活力に満ちた国にすることは十分に可能である、日本人には、その力がある、
私はそう信じています。
新しい国創りに共にチャレンジしたいと願う全ての国民の皆様に参加していただきたいと思います』
この言葉は、安倍総理の心そして本質の部分の根底にあるものだと思います。

安倍総理の目指すものは直面している経済問題解決はさることながら、
憲法改正、教育の問題に果敢に取り組み、『国家の誇り』『日本人の誇り』を取り戻す事だと思います。
我々は、安倍総理と同じ故郷を持つ山口県人として又日本国民として強く支持し、応援する事が
我々の責務であろうと思います。

衆院予算委員会で総理は憲法が戦後改正されなかった理由について
「指一本触れてはならないという気分が醸成されていた」と指摘し、
「現行憲法の原案は事実上占領軍が作った、私たちの憲法は私たち自身で書く精神が未来を切り開く」
と発言された。
戦後タブーとされていた憲法問題、されど総理は正しい歴史認識の下、憲法改正に取り組んでおられ、
すばらしい発言だと思います。

昨年の靖国参拝において、ヤフーのインターネットでの意識調査では8割近くが「妥当」と回答している。
朝日新聞による、アンケートにおいても首相参拝に賛成する回答が約6割を占めた。
しかし、誌面の扱いは何と、まさかの30面。
自分達の意に反した結果であった為に30面というあまり人目につかないページへの掲載となった
のではないでしょうか、逆ならいつもの様に一面で報じていたと思われます。

私は今の時代インターネットが普及され色々な情報を取り入れる事が出来、
個人の意思が顕在化される様になった事が日本を大きく変えると思っています。
今までは、朝日、毎日を主とする大手新聞、メディアの偏った情報により、
国民が翻弄されてきたことは間違いない真実だと思います。

今でも報道番組において偏った思想の人間ばかりを集め
靖国問題を始め安倍政権のバッシングをして私たちの発言こそが
世論の代表であり正しいと言わんばかりである。
この様な人達こそが戦後日本を大きく歪めた元凶ではなかろうかと私は思います。




前の記事 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
来店予約
外壁塗装キャンペーン
給湯器キャンペーン
山口県 リフォーム サンリフォーム まずはこちらからご覧ください 選ばれる理由