平成26年1月 悠久の大義

  • 投稿日:2014年 1月 1日

新年明けましておめでとうございます。

旧年中はひとかたならぬご厚情を賜り
誠にありがとうございました。
皆様方におかれましては、
すこやかなる新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。
本年もなにとぞよろしくお願い致します。


先日開催のイベント

会津の教育の礎であり、300年前に出来た「什の掟」皆様も何度か耳にされたことがあると思います。
会津では昔から6~9歳まで日新館に入る前の小さな子供たちにも什の掟を徹底して教えました。
教育には理屈はいらない、たとえ地位はなくても、みすぼらしい身なりをしている人であっても
年上の人には御辞儀をするのです。
嘘は方便とは教えない。一番の方便は正直であることだと教えたといいます。
今は正直が馬鹿をみるというようなことと教える大人もいますが、
人は素直さが何よりも大切であると思います。
やっていいことと悪いこと、生き方の基本はすべて小さい時出来上がるのではないかと思います。
什の掟により「生き方の基本」を徹底的に教えたのだと思います。

今の教育には『何を基盤にして生きていく』かを教えていない。
自分の子供が記念撮影の真中にいないと怒りだす親がいたり、
そんな親に毅然とした態度で立ち向かわない学校があったり...。
全ては家庭から出発すると思います。

会津の教育で大切に教えてきたことは、人に対するいたわりと思いやりです。
いじめは300年も前からどこにでもあるのです。
だから卑怯な行ないをするなということをしっかりと教えるのです。
人の不幸を見逃すことが出来ない心、すなわち惻隠の心を昔の大人たちは子供たちに教えてきたのです。
テストの点数が良い子供よりも、
運動会で転んだ友達のそばに駆け寄り「大丈夫か?」と
言ってあげられるような子供を育てることが大切です。
優等生でも徳がないのは才能ではないと思います。

最後の『ならぬことはならぬものです』の意味ですがある本に次の様に書かれていました。

「『為すべきことは我が好まざることも堪へ勤めて其事をなすべし。
為すまじきことは我が好みはすれども堪へ勤めて其事をなすべからず』
~すなわち、自分の好きでないことでも人としてやらなければならないことがあり、
自分が好きなことでも人としてやってはいけないことがある、ということです。」

「人として」という言葉を現代を生きる私たちは使わなくなってしまったように思われます。
明治維新前までの日本は「人の国」であったと思います。
しかし維新後物質文明を輸入し、現代に至っては「物の国」となってしまっています。
今の日本人が失ってしまった精神・心の文明をもう一度見直す時期にあるのではないでしょうか。

オリンピック誘致で一躍話題となった言葉『おもてなし』
この言葉は他の国の言語に置き換えることは出来ないと言われます。
それは、日本特有の文化が築いた言葉だからです。
『見返りを期待せず義務でもなく相手をおもんばかり、行動する』と私はこの言葉を解釈しています。
なんと美しい言葉ではないでしょうか。
この言葉の様に美しい生き方の出来る人間になりたいと切に思います。

什の掟

一、年長者の言ふことに背いてはなりませぬ
二、年長者には御辞儀をしなければなりませぬ
三、虚言を言ふ事はなりませぬ
四、卑怯な振舞をしてはなりませぬ
五、弱い者をいぢめてはなりませぬ
六、戸外で物を食べてはなりませぬ
七、戸外で婦人と言葉を交えてはなりませぬ
ならぬことはならぬものです
Vol.56yukyu001.jpg
同じ町に住む6歳から9歳までの藩士の子供たちは、10人前後で集まりをつくっていました。
この集まりのことを会津藩では「什 (じゅう)」と呼び、そのうちの年長者が一人什長(座長)となりました。
Vol.56yukyu002.jpg
↑日新館内の様子




平成25年11月 悠久の大義

  • 投稿日:2013年 11月 6日

晩秋の候

ゆっくりと冬へと向かう季節となりましたが、
皆様方におかれましては風邪など引かず
お元気でお過ごしでしょうか。


今年も

早1か月足らずとなり、11月に発行する『ありがとう。』Vol.55も、今年、最終号の『ありがとう。』となりました。
この場をおかり致しまして、今年1年の御礼を申し上げます。
『一期一会クラブ会員』様も、2500世帯を超え、多くの会員様のお陰様をもちまして、
前期におきましても増収増益で良い決算を終える事が出来ました。
又、8月より新たに7期目を迎えておりますが、順調なスタートを切らさせていただいております。
本当にこの1年間ありがとうございました。
来年は今年以上に【お客様満足】を第一義にとらえ地域の皆様に信頼され、
ご愛顧頂ける企業を目指して、邁進して参る所存でございます。
まだまだ未熟なる企業ではありますが、来年も引き続き、ご愛顧の程、宜しくお願い致します。


月、

私は、ドイツへの企業視察セミナーに参加し、一週間程ドイツに行って参りました。
経営コンサルタント40名と、私達企業経営者100名の総勢140名という大人数での視察セミナーで
バス4台に分乗し、フランクフルトをはじめ5つの都市を回り、
ドイツのグレートカンパニーと言われる企業を17社視察して参りました。

車のメーカーであるBMW社やアウディ社、世界トップクラスのスーパーマーケットであるアルディ社、再生エネルギービジネスのユーイ社、機械工具商社のアドルフウルト社、
高圧洗浄機のトップメーカーであるケルヒャー社等々、すばらしい企業ばかりでした。

日本とドイツは良く似ていると言われています。
『勤勉で勤労である』『中小企業が多い』『お互い少子高齢化社会を迎えている』等...、
両国似ている点が多くても、日本は経済的に社会的に混迷していますが、
ドイツはヨーロッパユーロ諸国の中で一番強い経済力を持ち、
ユーロ諸国を支える存在となっている現状なのです。

企業視察を積み重ねる中、確かに各々の企業の企業理念のすばらしさ、顧客満足の追求、
社員の幸福を考えた取り組み等、随所にグレートカンパニーを感じるものがありました。
しかし、日本の多くの企業も同じ様にすばらしい企業づくりの為に切磋琢磨しているのが
現状ではないでしょうか。ではなぜ?今の日本とドイツの大きな差が生まれたのかを
1日目、2日目においては見出すことが出来ませんでした。
そして3日目気付いたのが彼らは自分の会社へ強い誇りを持っている
そして、誇り高きゲルマン民族の血が今も脈々と流れているということでした。

先の大戦で日本と同じく甚大な被害を被り無条件降伏した二国が歩んだ戦後の道に
大いなる違いがあるのではないかと思い
またドイツは降伏する中でも憲法や教育等国家の本幹の部分ついては
自国の意見を通し、譲らなかったと言われています。
日本はというと戦後68年が経った今でも連合国に押しつけられた憲法を後生大切に守り、
教育においても日本の良き教えを放棄したままとなっています。
敗けても魂を売らなかったドイツと魂の部分を失い戦後も経済成長の中、豊かさのみを追い続け、
魂と誇りを失い、おきざりにしてしまった日本
そこにこそ今の二国の違いの大きなる原因があるのだと思いました。

私は現地に長く住むガイドに質問してみました。
「ドイツの戦後処理はどの様なものであったのか?」と。

日本と大きな違いは2点だと思いました。
戦前・戦中についてきっちりと検証してオープンにして、
国民全体で子供達は学校で是々非々を問う機会が多く持たれ、
反省すべきは長い年月をかけきちっとした反省の上で新たなるスタートを切った。
そして一番私の心に残ったのは「ドイツは強国主義、大国主義を捨てた」という言葉でした。
それがドイツの企業感となっているのではないでしょうか。
地道でも働く社員を大切にし自分達を支持してくださるお客様を本当に大切に
拡大よりももっと大切なものを大事にしてきた結果だと思います。
日本はというと軍事が経済に変わっただけで経済の強国主義、大国主義路線を貫いてきたが故に
その経済戦争においても敗退しつつある今、日本は迷走し続けているのではないでしょうか。







平成25年8月 悠久の大義

  • 投稿日:2013年 8月14日

涼しげな風と

ともにつくつく法師の声が聞こえてくる季節となりましたが、
皆様方におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

弊社に

おきましては、8月1日より、7期目のスタートを切っております。
会社を設立し6期連続増収増益の決算を迎える事が出来ました。
この場をお借りし、常日頃、ご愛顧いただいております『一期一会クラブ会員』の皆様に
心より感謝申し上げます。

『先義後利・士魂商才』

私共の経営理念であり、私の経営の根幹に置いている哲学であります。
『目先の利より義(社会的正義・社会的使命感・自らの社会的存在意義等)を重んじる』
そして、士魂商才の士魂とは 士=武士 の魂であり、
武士道精神にのっとり、商人の才覚を存分に発揮するということだと思っております。
武士道の本源とは「誇りと尊厳」と言い表わせると思います。
人間として「誇りと尊厳」を何よりも重んじ、
その為には、自らの命を賭しても惜しむものではない、
目先の利の為に人を騙したり、嘘をついたり不正直であるなどということは、
自らの誇りと尊厳に関わることであり、
それは、義の無い行為であり、恥ずべきことなのだということです。
この哲学を日々の商の中で正しく具現化し、少しでも皆様方の暮らしのお役立ちが出来、
リフォームを通じて社会に貢献し、世の為、人の為となる企業を創り上げることが
私の使命だと思っております。

先日、

テレビ番組の『秘密のケンミンSHOW』で、山口県が紹介され、山口県民の特性を次の様に語られていました。
『明治維新の立役者であった長州(山口県)人であることを誇りに思い、自負し、
明治維新の話題を熱く語る』、『個人より公を大切にして、公の為なら個を滅し公に尽くす』と
私はそれを聞いてすごく嬉しく思いました。
私自身も常に長州人である誇りを持ち、長州人として恥じぬ生き方をしたいと思っております。
この様な山口県に生まれ、
すばらしい県民性を持つ方々とご縁を結ばせていただけることに感謝しております。

最後に、

皆様もご存知の詩だと思いますが、宮沢賢治の『雨ニモマケズ』をご紹介いたします。
私の大変好きな詩のひとつで、自分自身に対する戒めの為に時々読んでいます。


雨ニモマケズ

雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク
決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニワラッテヰル
一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ
ジブンヲカンジョウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノ蔭ノ
小サナ萱ブキノ小屋ニヰテ
東ニ病気ノコドモアレバ
行ッテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ
行ッテソノ稲ノ束ヲ負ヒ
南ニ死ニサウナ人アレバ
行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ
北ニケンクヮヤソショウガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイヒ
ヒデリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハナリタイ


(訳)雨にも負けず風にも負けず雪にも夏の暑さにも負けぬ丈夫なからだをもち
慾はなく決して怒らずいつも静かに笑っている
一日に玄米四合と味噌と少しの野菜を食べ
あらゆることを自分を勘定に入れずによく見聞きし分かりそして忘れず
野原の松の林の陰の小さな萱ぶきの小屋にいて
東に病気の子供あれば行って看病してやり西に疲れた母あれば行ってその稲の束を負い
南に死にそうな人あれば行ってこわがらなくてもいいといい
北に喧嘩や訴訟があればつまらないからやめろといい
日照りの時は涙を流し寒さの夏はおろおろ歩き
みんなにでくのぼーと呼ばれ褒められもせず苦にもされず
そういうものにわたしはなりたい





前の記事 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13
来店予約
外壁塗装キャンペーン
給湯器キャンペーン
山口県 リフォーム サンリフォーム まずはこちらからご覧ください 選ばれる理由