平成21年8月 悠久の大義

  • 投稿日:2009年 8月 1日

日中の暑さは

まだまだ秋には遠く、残暑が厳しい日が続きますが、皆様におかれましては、お変わりございませんでしょうか。

景気の動向と生き方

アメリカの大手証券会社リーマン・ブラザーズが経営破綻、いわゆる【リーマンショック】が発生し、早1年が経とうとしています。100年に一度の大恐慌といわれ日経平均も7,000円台にまで下がり、トヨタをはじめ、生産業界にも大打撃を与え、派遣切り等が日々、マスコミに取り上げられた一年でありました。
最近では日経も1万円台に回復し、エコ商品の生産等が牽引する様な形で、経済が回復傾向にあるかの様にも感じられる訳でありますが。
しかし、今の時代、株価の回復、トヨタ工場の稼働率アップ、国際商品市場が活気を取り戻しつつある等、この様な、ひとつひとつの事象の事実をいくら並べても、真実や物事の本質とはならないと思っています。
世の中には、デリバティブ(株式・債券・金利・外国為替などの金融商品から派生して生まれた金融商品、先物取引等)を中心とする影の金融商品として六京~八京円のお金が存在すると言われ、それらがこの4年のうちにゼロになるという、これは、世界の実体経済の二十年分に相当するものです。
ですから、この影の金融商品の負債を世界規模で見ても支えられるものではないということです。
今は回復の時期ではなく、この大不況の波の、序章にすぎないと思います。
この様に、世界規模での経済を見た時、非常に厳しく、好景気に成る可能性はほとんど無いというのが真実ではないでしょうか。だから、今、少し経済が上向いたというひとつひとつの事象は、本質では無く、真実では無いと思います。
よって、今の経済、景気の動向は、現状延長線上に未来を読むのは不可能に近いと思います。
アメリカ型資本主義が崩壊しつつある今、戦後の日本が歩み、追従してきた、拝金主義的な、アメリカ型資本主義の価値観や社会観等を、変革しなければならない時期にきたと思います。
企業においても判断基準を『儲かるか、儲からないか』ではなく、『善であるか悪であるか』とか、『自分が楽しいか楽しくないかではなく、相手が喜んでいただけるかどうか』の様に、人間としての良知(人が生まれつきもっている正しい判断力)の下で正しく生きれるかどうかが、大不況の中、社会が変革しようとしている今、人間として一番大切なことではないでしょうか。
私共も商いを通じ良知の下、世の為、人の為による企業を目指し、邁進してまいります。





岩国店ショールームオープン
住宅ストック循環支援事業 窓の交換や天井・壁等の断熱改修、高効率給湯器の設置などのエコリフォーム、さらにそれらと同時に行うバリアフリー改修や耐震改修のリフォーム費用が補助されます。※エコリフォーム工事後の住宅が新耐震基準に適合する等の条件がありますので、詳しくはご来店またはお電話にてお問い合せください。
来店予約
外壁塗装キャンペーン
給湯器キャンペーン
山口県 リフォーム サンリフォーム まずはこちらからご覧ください 選ばれる理由