令和2年1月 悠久の大義

  • 投稿日:2020年 1月 6日

新年明けましておめでとうございます。

旧年中はひとかたならぬご厚情を賜り誠にありがとうございました。皆様方におかれましては健やかなる新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。本年も変わらぬご愛顧を賜ります様よろしくお願い致します。






即位礼正殿の儀

10月22日、天皇陛下には、皇居・宮殿「松の間」で「即位礼正殿の儀」に臨まれ、内外に即位を宣明されました。

~天皇陛下 おことば~
 さきに、日本国憲法及び皇室典範特例法の定めるところにより皇位を継承いたしました。ここに「即位礼正殿の儀」を行い、即位を内外に宣明いたします。
 上皇陛下が三十年以上にわたる御在位の間、常に国民の幸せと世界の平和を願われ、いかなる時も国民と苦楽を共にされながら、その御心をご自身のお姿でお示しになってきたことに、改めて深く思いを致し、ここに、国民の幸せ世界の平和を常に願い、国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、日本国民統合の象徴としてのつとめを果たすことを誓います。
 国民の叡智とたゆみない努力によって、我が国が一層の発展を遂げ、国際社会の友好と平和、人類の福祉と繁栄に寄与することを切に希望いたします。

 「まるでファンタジー」―ネット空間にそういう言葉が躍った。即位礼正殿の儀が始まった途端、前日から降り続いていた雨が上がり、青空が広がり、やがて大きな虹が皇居上空にかかったのです。東京気象庁の発表ではその日の晴れた時間はなんと8分間だけだったそうです。先日村岡知事とお話しする機会があったのですが、知事も来賓として出席されておられ、海外からの来賓も多数おられる中、どよめきが起こったとおっしゃっていました。又、富士山の初冠雪を甲府地方気象台の職員が確認したのが、安倍首相の先導による聖寿万歳の直後だったというから、まさに瑞兆です。今回の御代替りは国民が素直に新帝陛下の御即位を喜ぶ気持ちを表すことが出来ました。昭和から平成の御代替りは昭和天皇の崩御に伴う諒闇がありその後での御即位でしたし、極左勢力の暴力行為などもありました。今回は当時とは違い反天皇デモもごく小規模なものにとどまり、国民挙げてのお祝いムードが醸成されたと思います。
 又、外に感じたことは、日頃は天皇陛下に対する尊崇の念が乏しいと思われる左派勢力の政党や学者、メディアなどから天皇や御代替りに対する批判があまり聞かれなかったことです。その理由ですが、ひとつには圧倒的な国民の祝意という現実に対してものを言えなかったということがあると思います。そして、もうひとつは、これまでとは違う方法で天皇、皇室で貶めることができるという道筋を彼らが見つけているからだと思われます。それは万世一系の皇統、つまり「男系継承を途絶えさせるための『女系天皇』の導入」という策略です。歴史上一例もなかった「女系天皇」への道を開くことで天皇の正統性に傷をつけ、権威を落としたうえで、倒そうという道筋です。

 ですから、万世一系を守り誇りある日本の伝統を守るべく「女系天皇」、「女性天皇」の意味をしっかりと理解し、神国日本を守っていかなければと思います。






※令和元年「地域貢献活動の歩み」はこちら


悠久の大義こちらから

「ありがとう。」は、下松本店や岩国店のイベント、施工例など、様々な情報をお届けしています。
岩国店・下松本店|サン・リフォーム情報誌「ありがとう。」ご案内









来店予約
給湯器キャンペーン
山口県 リフォーム サンリフォーム まずはこちらからご覧ください 選ばれる理由