平成25年6月 悠久の大義

  • 投稿日:2013年 6月 8日

青葉を

渡ってくる風が、
もう初夏を思わせるような今日この頃ですが、
皆様方お元気にお過ごしでしょうか。

先日開催

させていただきました『ショールームオープン5周年祭』においては、
お足元の悪い中多数のご来店をいただき誠にありがとうございました。
社員一同大変感謝しております。
皆様方の期待を裏切らぬ様、
又、リフォームを通じて『世の為、人の為』に成る企業を目指して一層精進して参る所存でございます。
どうぞ今後共ご支援いただきます様宜しくお願い致します。

自虐的歴史観

戦後70年近く経ち、今までタブーとされていた日本近代史について
色々な場面で語られる様になってきたのではないでしょうか。
東北大震災を目の当たりにして、戦後ないがしろにされ、
忘れかけていた日本人の中に脈々と流れる『日本精神』の目覚めに端を発し、
戦後、中国を中心とした東南アジア諸国に対して自虐的な対応を繰り返してきた日本が
石原さんの尖閣購入発言を機に、起こした、中国国家の対応そして中国人の破壊的行動を
日本人はまざまざと見せつけられたことにより『日本人の誇り』に火がついたのではないでしょうか。

日本近代史とりわけ戦前、戦中史において
日本が敗戦国ということで大きく歪められた歴史観が植えつけられたことは
まず認識しなければならないことだと思います。
先日大きくマスコミに取り上げられた『従軍慰安婦の真実』、中国が捏造した『南京大虐殺の真実』、
そして戦勝国が復讐、日本人の洗脳、白人のアジア侵略の歴史の帳消しの為に、行われた
『東京裁判の真実』そして日本が『先の戦争をせざるを得ない状況に追い込まれた真実』
この4つの真実を国家として明らかにし、
敗戦国だからとか、経済問題に発展するとか目先のことも確かに大切なことであるけれども、
日本人の誇りを取り戻す為にも又これからの日本の国家百年の計の礎を築く為にも
国家として真実を伝えなければならないと思います。

私は出張の折、

良く靖国神社に参詣します。
永遠なる平和を願い、我々の先達が私達の祖国、日本の為に命を捧げてくださった事に感謝の思いと
英霊の御霊の安らかならんことを願うのは日本人の大切な心だと思います。
最後に、靖国神社で目にした陸軍大尉の出征挨拶の一文をご紹介します。

吾等は只、
この生まれては死に、
死んでは生まれてゆく
悠久なる人生の連鎖に於いて、
如何して永遠の生き甲斐に生き、
さうして
不滅の死に甲斐に死ぬかと
言う事であります

この文章の中には、自分の死を悠久なる何かに置き換えたい
そしてその死が日本の未来の為に役立つものでありたいという思いが切に感じられます。感謝。





平成25年4月 悠久の大義

  • 投稿日:2013年 4月 1日

日増しに

春の暖かさが感じられるようになりました。
皆様方のおかれましては
益々ご健勝のこととお慶び申しあげます。

3月に開催した、スポーツ協賛大会の

「第4回サン・リフォームカップ」終了後、大会参加チームの子どもたちから、うれしい便りが届きました。

2013cup4thsikisi.jpg


大会に参加の「室積JSC」の子どもたちより御礼の色紙が届きました。
第1回大会開催時から、毎回欠かさず色紙を送ってくれています。
いつもありがとう!!


そして、2月に開催した「第4回サン・リフォーム杯」に参加いただいた
今宿サッカースポーツ少年団のチーム代表の村上和美様より
御礼のおハガキをいただきました。

2013socceroreijo.jpg


こちらこそ、ありがとうございます!
大会に参加していただけるだけで、感謝なのです...
来年、「第5回サン・リフォーム杯」開催時には、ぜひまた参加してください!

このようなうれしい便りを本当にありがとうございます!!
これからもスポーツを通じて子どもたちの未来を応援し続けます!!
ありがとうございました。




平成25年3月 悠久の大義

  • 投稿日:2013年 3月 1日

日ごとに

春の薫りを感じられる季節となりましたが、
皆様方におかれましては
益々ご健勝のこととお慶び申しあげます。

『智』の徳

人間学や古典を学ぶ中で自己修養し、徳を積み君子(立派な人・人格者)になる為の欠かせない、
五つの徳目「五常」とは『仁』『義』『礼』『智』『信』の五つがあり、
天の造作の働きによって生まれてきた人間にはもともと備わっている徳であり、
その徳を明らかにし、高めることによって君子(立派な人・人格者)になることが出来るといわれています。
五常の四つ目の「智」の徳とは...
「日に新たに、日々に新たに」という言葉を殷の湯王が洗面器に刻み、
毎日それを見て反省したといわれる有名な言葉があります。
人間というものは、今日より明日、明日より更に次へと、日に新たに、日々に新たにと、
よりよい生活を望み、追求するものです。これがまさに人間の進歩向上の努力の原動力となります。
そしてその理想を実現するために現在から未来へ創造していく源泉となるのが
「智」の徳といわれています。
智慧とは人間の本質的、直観的なもので、つまり人間の徳から発する良心の輝きのことです。
これは単に頭が良いとか悪いとかというものではないのです。
「智」を磨くためには、『古典を学ぶ』『歴史を学ぶ』『古人の苦心した修業、
体得した信仰を研究して、英雄哲人や偉人に私淑して人物研究すること』で
我々が気付かない様々な生活を会得し、自己の人格・見識を完成していくのだと思います。
智の徳を磨く為に、先日読んだ書籍の中から『昭和の偉人』の遺した言葉をいくつか紹介します。

●出光佐三=アポロマークのガソリンスタンドでお馴染みの出光興産の創始者。
『日本人の持っている無我無私・互譲互助・義理人情というようなものでお互いに権利自由を守りあい、
 お互いに信頼融和し、お互いに一致団結すれば、人間の矛盾性を慎むことができ、
 これによって平和の基礎も見い出しうる。ここにはじめて己れを離れて全体をつくる、
 一国の平和、やがては世界全体の平和幸福の道が見い出せるのである』

●湯川秀樹=日本人初のノーベル物理学賞受賞。
『未知の世界を探求する人々は、地図を持たない旅行者である。
 地図は探求の結果として、できるのである。目的地はどこにあるか、まだわからない。
 もちろん、目的地へ向かっての真っ直ぐな道など、できてはいない。
 目の前にあるのは、先人がある所まで切り開いた道だけである。
 この道を真っ直ぐに切り開いて行けば、目的地に到達できるのか、
 あるいは途中で、別の方向へ枝道をつけねばならないのか。
 「ずいぶんまわり道をしたものだ」と言うのは、目的地を見つけた後の話である。
 後になって、真っ直ぐな道をつけることは、そんなに困難ではない。
 まわり道をしながら、そしてまた道を切り開きながら、
 とにかく目的地までたどりつくことが困難なのである』

●島田叡=戦前最後の沖縄県知事。戦争も末期を迎え米軍の上陸が間近に迫っていた中、
 沖縄県知事を拝命。
『妻ばかりではなく友人同僚からも「今行くのは死にに行くようなもので君が行くことはない」
 と忠告を受けました。それに対して島田は応えました。
 「僕が沖縄へ行かなければ誰かが行かなければならない。
 若者なら赤紙一枚で戦地に行かなければならないのに、
 固辞できる自由をいいことに断るなど卑怯なことはできない。
 上御一人(天皇)のご指名に与かったのだから、そのご寄託に背かないよう、立派に死んでくるよ』
『物を失うことはこわくないよ。ぼくは心を失うことの方がこわいね』


もうすぐ、花見の季節ですね。
桜の花が咲き乱れる大和の国の美しさは日本人の誇りだと思います。 






前の記事 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14
来店予約
外壁塗装キャンペーン
給湯器キャンペーン
山口県 リフォーム サンリフォーム まずはこちらからご覧ください 選ばれる理由